タイムレコーダーの選ぶポイントとして何で識別するか

自宅に入るときにおいては、鍵を利用することになります。鍵といいますと、基本的には家族しか持っていないことになります。賃貸などにおいては、大家さんが持っているということもありますが、それ以外の人は持っていません。ですから、他人が自宅に入ってくることはないということになります。でも現実には、鍵によっては作られてしまうこともあります。そこで別の仕組みもあります。暗証番号を入力したり、カードを利用するというものです。暗証番号であれば、その番号を知っている人のみが入れることにあります。カードなどにおいても、容易に作られることはありません。そこまでのことをしても、まだ問題があるということです。最新のものはもっと確実ということです。それは人の特性を利用するというものです。指紋といいますと、人の証明をするのに使われます。つまりは、人それぞれ違うといわれています。ですからそれを利用することで、他人と区別するということです。そこで鍵においても指や手のひらをかざすというものがあります。また、人の顔で判断するというものもあるということです。こちらであれば、化粧などをしたとしても識別することができるということです。世の中には似ている人がいるといわれていますが、その程度では識別は可能ということです。双子になるとどうなるかはわかりませんが、双子でも全く同じと言うことはありません。何らかの特徴を見つけて、違いを認識することができるのでしょう。会社において個人別に出勤、労働時間を記録するものとしてタイムカードを利用するということがあります。何らかの操作をして、そのデータを元に給与の支払いをしたりします。

しかし、問題もあります。代理押しということがあるということです。カードで識別をしようとすると、100パーセントきちんと管理できないこともあるということです。

そこで、ICカードを利用するというものがあります。専用のカードを利用することもありますし、個人で持っている携帯電話を利用して識別するということもあります。こちらであれば、通常のカードよりも正確になるでしょう。もっと高度なタイムレコーダーとしては、鍵や、銀行ATMなどでも使われる指紋認証、静脈認証というものです。こちらであれば、それぞれの人しかないものですから、ほぼ確実に識別をすることができることになります。識別する仕組みが高度になるほど、価格も高くなるということになります。

コメントを残す