タイムレコーダーに対する予備知識として時間設定を行う

パソコンといいますと便利な道具になります。便利ですが、使わなければただの箱になってしまいます。購入はして、最初はインターネットをしていたけども、最近使わなくなったという人もいると思います。無理に使う必要はないですが、箱化してしまったということかもしれません。パソコンといいますと、インターネット以外にもいろいろと使い道を広げることができます。そういったことに利用することによって、用途を広げることができるということになります。それで生活においても便利になるということがあります。使い方において、勉強をするということも必要ということです。また、よく使っているという人も初期設定のままということがあるかもしれません。こちらにおいては、設定をすることで使いやすくなることがあります。こちらも説明書などを見ると行えることになります。家電製品などによっては、購入したらすぐに使うことができるというものがあります。アイロンなどは電源を入れればすぐに使えるでしょう。一方で、一定の設定をしないと使えないというものもあります。炊飯器などは、時間を指定して炊き上げるということがあります。このときは、時間設定をする必要があります。さらに炊き上がり時間の設定も必要です。

そうすることによって、朝起きたときや、帰ってきたときに、炊き立てを食べることができるということになります。炊飯器などにおいては、以前はそういう設定は必要ありませんでした。単純に炊くだけの機能だったからです。タイマーなどがついているものに関しては、初期設定が必要になってくるということです。タイムレコーダーに対する予備知識としても、設定のことを知っておきます。時間を計るものですから、もちろん時刻を設定するのはわかると思います。でもそれ以外にもいろいろ設定することができます。

そうすることで、便利に使えます。まずは、始業時間、終業時間の設定です。こちらによって、遅刻と早退の判断をすることができます。9時に設定すれば、9時1分に打刻したときに遅刻のチなどが表示されます。さらには会社の休日を設定します。機種によっては、土日や祝祭日を休みとして事前に登録しているものがあります。それが適用されない場合や、別途休みがあるときには追加をするということになります。設定をしなくても使えるのですが、最初にちょっとした手間をかけるだけで、事務処理が軽減されることになるので、行っておきたいことになります。

コメントを残す