撥水効果があるウールカーペットの掃除法

ウールは羊の毛ですが、ウールカーペットは特に何も薬剤処理をしていなくても撥水効果があります。冷たい飲み物や醤油などをこぼしてしまっても表面に浮いていてしばらくの間は染み込む事はありません。こぼしてしまったら、すばやくキッチンペーパーなどで吸い取るとシミはほとんど残りません。温かい飲み物やこぼしてしまって時間が経ってしまった場合、水分が残っている場合には、ごしごしこすらないようにしながら、キッチンペーパーで水分を取り除き、中性洗剤、ペットシーツやキッチンペーパーなどの水を吸い取りやすいもの、80℃ぐらいのお湯と歯ブラシを用意し、コップに80℃程度のお湯を入れて中性洗剤を5滴ほど入れた液を用意し、歯ブラシに液をつけてシミをたたきます。何度か作業を繰り返すと取り除く事ができます。この方法では完璧によごれは取り除けませんが、日常行う掃除機での掃除によって遊び毛で汚れが少しずつ取り除く事ができます。

カーペットを選ぶ時には価格やサイズだけでなく素材

カーペットを選ぶ時には、価格やサイズ、色や柄で選びますが、それ以上に大切なのは素材です。素材の中でも、ウールは繊維の王様とも言われて、ホテルのロビーや宴会場、住宅用に使われている事が多いです。ウールの一番の特徴はメンテナンス性に優れていて、汚れが付きにくく、さらに落ちやすいというバランスが取れている素材です。ウールは洋服でも用いられていて、遊び毛という毛玉ができますが、これはウールの機能で、遊び毛が出る事によって付着した汚れやほこりが一緒に取り除かれます。ウールのカーペットに遊び毛が出てきたら丁寧に掃除機で取り除くとキレイさが保たれます。触り心地のよいウールは弾力性にもすぐれていて、住宅で使われるカーペットに適しています。ウールは呼吸する繊維と言われていて、湿度をコントロールしてくれるので一年中快適に利用する事ができます。

床の結露防止にカーペット

冬は足元から冷えてくる家やオフィスがあります。コンクリート造りであったり下に空間があると余計底冷えしてくるようです。また、そうした造りのところでは暖房を入れると床がびしょびしょになってしまうこともあります。窓に結露がつくように床に結露がついてしまううパターンです。そうなるともう大変です。ずっと拭き掃除をしなければなりません。かといって暖房を止めるわけにもいかないので、ここはカーペットを敷くなどして結露を防がなければなりません。一口にカーペットといっても種類がたくさんあります。最初にすべきは色がその部屋に合うかどうか確かめることです。素材も重要です。一枚の大きなものを敷く形もあれば、小さな四角形をたくさん敷き詰める方法もあります。床に杭が打てるかどうか、接着できるかどうかも確認してから選ぶようにします。

当社はカーペット通販の専門店であり、日本最大級の品揃えを準備しており、オーダーカーペットも良心的な金額でご提供することができます。 多くの人が購入して下さった当店の主力商品の一つが、激安で購入することができるカーペットとなっています。 カーペットをお探しであれば、必ずお客様にとって最適なものが見つけられますのでご相談頂ければ幸いでございます。 どんな部屋でも合うカーペットはこちら